日本語
 


武蔵大学論集 「The Journal of Musashi University」 >
2023年度・第71巻 第1・2・3・4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11149/2589

Title: 日本のデータを使ったLRRモデルの推定
Other Titles: Estimating Long-run Risks in Japan
Authors: 徳永, 俊史
和田, 賢治
TOKUNAGA, Toshifumi
WADA, Kenji
Keywords: ロングランリスク
Kreps-Porteus選好
GMM
Issue Date: 1-Mar-2024
Publisher: 武蔵大学経済学会
Abstract: 本論文では,Bansal and Yaron (2004)が提唱したLRRモデルのパラメーターをGMMで推定する方法を提案した Constantinides and Ghosh (2011)の整理を行うとともに,日本のデータを使った実証分析を行う.結果は,Constantinides and Ghosh (2011)が使用した米国のデータと日本のデータともに,標本の統計値がLRRモデルからえられるモーメントとはあまりうまくフィットしないことを示しており,LRRモデルの再評価を含めたモデル推定方法の見直しが必要である.
Description: 研究ノート
Notes
JEL Classification Codes: E32, G11, G12
URI: http://hdl.handle.net/11149/2589
Appears in Collections:2023年度・第71巻 第1・2・3・4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
musashi71_01_02_03_04_035_042_tokunaga_wada.pdf1.94 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0!