日本語
 


武蔵大学論集 「The Journal of Musashi University」 >
2021年度・第69巻 第1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11149/2357

Title: デミング回帰分析を用いた「労働時間の賃金率弾性値」推計
Other Titles: Estimation of wage elasticity of working hours using matched employer-employee data
Authors: 木下, 富夫
KINOSHITA, Tomio
Keywords: 労働時間
賃金弾性値
契約曲線
使用者-雇用者マッチングデータ
デミング回帰分析
Issue Date: 23-Dec-2021
Publisher: 武蔵大学経済学会
Abstract: 本稿には二つの目的がある.第一は「労働時間の契約モデル」を提示すること,そして第二は,そのモデルに基づいて「労働時間の賃金率弾性値」を推計することである.前者は,労働時間に関する市場均衡モデルである.そこでは市場均衡点が「労働時間供給曲線」と「労働時間需要曲線」との交点においてではなく,その交点を通過する「契約曲線」上に位置することが示される.そして労働時間供給の弾性値は,「契約曲線」の賃金率弾性値になることを説明する.後者は,提示された契約モデルに基づいた実証分析(労働時間弾性値の推計)である.まず「契約曲線」を推計し,そしてそれから労働時間の賃金率弾性値を求める.データには「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」を用い,推計にはデミング回帰分析を用いた.労働時間弾性値の推計結果は,概ね-0.13~-0.24の範囲に納まるものであった.弾性値の推計結果が負であることの含意として,労働所得への税率増が,労働時間を減少させることはないと考えられる.
Description: 論文
Articles
JEL Code : J22
URI: http://hdl.handle.net/11149/2357
Appears in Collections:2021年度・第69巻 第1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
musashi69_1_013_027_kinoshita.pdf722.53 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0!