日本語
 


武蔵大学人文学会雑誌 「The Journal of Human and Cultural Sciences」 >
2018年度・第50巻 第3・4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11149/2038

Title: 運動量共鳴条件をもつホイスラーモードに関する分散式の高温弱相対論的近似によって導出された増幅率
Other Titles: Instability Rate Derived from Weak Relativistic and High Temperature Approximation Related to Whistler Mode with a Momentum Resonance Condition
Authors: 池田, 愼
IKEDA, Makoto
Issue Date: 28-Mar-2019
Publisher: 武蔵大学人文学会
Abstract: 筆者は、ブラジル磁気異常帯に降り込まれた放射線帯粒子のX線の放射や人工衛星の故障などの原因を考えるために、相対論的粒子による不安定性の計算を行っている。方法として、内部プラズマ圏内のコールド電子と相対論的放射線帯電子の共存のプラズマの不安定性解析を、運動量表示を使って行っている。今回は、運動量共鳴条件を使ったプラズマ分散式と波動増幅率を導出し、ブラジル磁気異常帯への降り込みを検討した。速度を減少させる近似において、得られた式が非相対論的な結果と一致する事を検討し、又、今後は地球磁気圏外での適用も考えている。
URI: http://hdl.handle.net/11149/2038
Appears in Collections:2018年度・第50巻 第3・4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jinbun50_02_03_112(1)_107(6)_ikeda.pdf544.73 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0!