日本語
 


武蔵大学論集 「The Journal of Musashi University」 >
2022年度・第70巻 第1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11149/2462

Title: バラッサ=サミュエルソン(Balassa-Samuelson)仮説再考―前提条件とBS効果の実証的確認―
Other Titles: Balassa-Samuelson Hypothesis Revisited :Empirical studies on the prerequisite conditions and the BS effects
Authors: 門多, 治
KADOTA, Osamu
Keywords: 購買力平価
実質為替レート
Balassa-Samuelson効果
Issue Date: 23-Dec-2022
Publisher: 武蔵大学経済学会
Abstract: Balassa-Samuelson仮説の前提条件と,その効果を2018年までの約25~40年間OECD20カ国のパネルデータで統計的に検証した.その結果,OECD諸国では近年でもBS効果が有意に働いていることが確認された.非貿易財部門の相対価格と国内での両部門生産性格差とのパネル回帰(一部パネル共和分回帰)の結果,有意な結果を得た.しかしながら,CEE諸国を中心とする中所得国よりも高所得国でのBS効果は小さく,リーマン危機後のBS効果の低下が計測されている.BS仮説の前提条件の中では,生産性上昇率が非貿易財部門より貿易財部門で高い点や,非貿易財部門での賃金と生産性上昇率の均等化は,筆者が参照対象としたStrauss-Ferrisの研究以降も引き続き成立することを確認した.しかし,貿易財・非貿易財両部門間の賃金均等化は成立せず,賃金上昇率は両部門ともに自部門の生産性上昇に依存していた.
Description: 論文
Article
JEL Classification Code: 310
URI: http://hdl.handle.net/11149/2462
Appears in Collections:2022年度・第70巻 第1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
musashi70_01_049_071_kadota.pdf968.88 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0!