日本語
 


武蔵大学論集 「The Journal of Musashi University」 >
2014年度・第62巻 第1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11149/1704

Title: 解雇法制をいかに考えるか―効率性と価値規範をめぐって
Other Titles: A Critical Review on Employment Protection Law in Japan
Authors: 木下, 富夫
KINOSHITA, Tomio
Keywords: 解雇法制
解雇規制指数
随意的雇用契約
新古典派経済学の価値規範
Issue Date: 22-Jul-2014
Publisher: 武蔵大学経済学会
Abstract: 日本の整理解雇四要件は強すぎて,長期的経済成長の妨げになっているという主張がある.しかしOECDの解雇規制指数をみれば,日本の規制は必ずしも強くないといえる.アングロ−サクソン諸国の解雇規制指数はおしなべて小さいが,わが国のそれはオーストラリアに近い.ところで法規制の背後には国ごとの価値規範が存在していると考えられる.本稿ではトッドの家族類型論をもとに,日本と米国(新古典派経済学,コモン・ロー)の価値規範の比較を試みる.新古典派経済学に伏在する価値規範は,コモン・ロー諸国の価値規範を反映したものであることが推測される.
Description: JEL Classification Codes: J41, K31
URI: http://hdl.handle.net/11149/1704
Appears in Collections:2014年度・第62巻 第1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
musashi_2015no62_01_003.pdf823.86 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0!