日本語
 


武蔵大学論集 「The Journal of Musashi University」 >
2012年度・第60巻 第3・4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11149/1586

Title: 司法試験予備試験の理念とその課題
Other Titles: A Critical Review of the Preliminary Qualifications Test of Japanese Bar Examination
Authors: 木下, 富夫
KINOSHITA, Tomio
Issue Date: 14-Mar-2013
Publisher: 武蔵大学経済学会
Abstract: 司法試験予備試験は,法科大学院制度を補完するために創設された。法科大学院制度の問題点とは,(旧制度と比較して)法曹を目指すコストとリスクがともに大きくなったことであり,それゆえ優秀であっても,経済的余裕のない学生が法曹への道をあきらめかねない,というものであった。これまでに行われた予備試験とその合格者の司法試験受験の結果を見ると,予備試験が学生に対して大きなインセンティブを与え,そして優秀な学生を呼び込んでいることが伺える。今後の最重要課題は,予備試験の合格者枠をどの程度にまで拡大すべきかであるが,この政策判断は法務省に委ねられている
URI: http://hdl.handle.net/11149/1586
Appears in Collections:2012年度・第60巻 第3・4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
musashi_2012n060_03_04_001.pdf473.3 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0!