日本語
 


武蔵大学論集 「The Journal of Musashi University」 >
2009年度・第57巻 第3・4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11149/1364

Title: 中国における日本・韓国・台湾エレクトロニクス企業の比較研究 : 中国華録松下・東莞三星電機・冠捷電子福建の事例を中心に
Other Titles: A Comparative Study of Japanese, Korean, and Taiwanese Electronic Companies in China: Focusing on the Examples of China Hualu Panasonic AVC., Co., Ltd., Dongguan Samsung Electro-mechanics Co., Ltd., and Guan Jie Electronics Fujian Co., Ltd.
Authors: 板垣, 博
Issue Date: 10-Mar-2010
Publisher: 武蔵大学経済学会
Abstract: 本稿では,1990 年代初めのほぼ同じ時期に設立され10 数年の中国事業の経験を有する日本,韓国,台湾の代表的なエレクトロニクス3 企業,すなわち,日系企業:中国華録松下録像機有限公司,韓国系企業:東莞三星電機,台湾系企業:冠捷電子(福建)を対象とした比較研究を行う。この3 企業は,10 数年の中国ビジネスの歴史の中で大きな経営環境の変化を経験しており,その変化への対応を中心とする経営のあり方を考察することによって,日本,韓国,台湾企業の特徴を浮き彫りにする。また,その特徴からうかがえる,それぞれの強みと弱点についても検討を加える。
URI: http://hdl.handle.net/11149/1364
Appears in Collections:2009年度・第57巻 第3・4号

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0!