日本語
 


武蔵大学論集 「The Journal of Musashi University」 >
2006年度・第54巻 第4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11149/1292

Title: 情報技術(IT)と競争優位性の持続性
Other Titles: Information Technology (IT) and Sustained Competitive Advantage
Authors: Sudhir Man, Joshis
Issue Date: 20-Mar-2007
Publisher: 武蔵大学経済学会
Abstract: 近年,経営戦略の領域においては,情報技術(IT)の持続的競争優位の研究が1 つのホット・イシューである。この点に関して,多くの研究者達はコンピュータが企業に本格的に導入された1960 年代初期から現在に至るまで,活発に議論されるようになってきた。そこに投入される様々要素,要因が競争優位概念に含まれ,必ずしも明確になっていない。 本論文ではこのような立場から,IT と競争優位の持続性について先行研究及び実証的研究を考察する。その結果から,IT と競争優位の持続性との関係を資源ベース理論に基づいて研究を整理する。
URI: http://hdl.handle.net/11149/1292
Appears in Collections:2006年度・第54巻 第4号

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0!