日本語
 


武蔵社会学論集 : ソシオロジスト 「Jornal of the Musashi Sociological Society」 >
2005年度・2006,No.8 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11149/243

Title: 国際テレビニュース比較研究2004 : アメリカ・日本・イギリス・ブラジル
Other Titles: A Comparative Analysis of Television News among U.S.A., Japan, U.K., and Brazil in 2004
Authors: 小玉, 美意子
小田原, 敏
イシ, アンジェロ
中, 正樹
鈴木, 弘貴
小林, 直美
沈, 成恩
黄, 允一
KODAMA, Miiko
ODAWARA, Satoshi
ISHI, Angelo
NAKA, Masaki
SUZUKI, Hirotaka
KOBAYASHI, Naomi
SHIM, Sungeun
HWANG, Yunil
Issue Date: 22-Mar-2006
Publisher: 武蔵社会学会
Abstract: 本研究は,2004年11月-12月にかけて連続しない3週間,各国夕方の主要全国テレビニュース番組をサンプルとして収集し,ニュースがあつかう範域,分野,情報源,取材,報道従事者等の内容分析をしたものである。その結果,以下の特徴が明らかになった。 アメリカのCBS Evening News(CBS)は,自国と直接関係のある国際ニュースは多かったが外国ニュースは極めて少ない自国中心主義である一方,局独自のテーマ設定で医療番組に多くの時間が割かれた。日本の『NHKニュース7』(NHK)は地方ニュースをよく扱っており,社会ニュースが多いのだが,発表ものの比率が極めて高く,女性とマイノリティの参画は非常に少なかった。ブラジルのJornal Nacional(Globo)は経済ニュースが多く,取材情報源は多様で,女性の参画比率が高かった。イギリスのSix O'clock News(BBC)は外国ニュースの比率が他国より高く,議会における政策論議を中心とする政治ニュースが多かった。 以上の特徴は,その国の社会背景と報道やテレビニュースのあり方と関係していることは,平行して行った現地インタビュー調査と照合して明らかになった。即ち,ニュースにおける考え方,ニュースバリューについての発想,また,国民レベルにおけるニュースとしての興味の対象の違いなど,本質的な違いがニュースに表出しているのである。
URI: http://hdl.handle.net/11149/243
Appears in Collections:2005年度・2006,No.8

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0!