日本語
 


武蔵社会学論集 : ソシオロジスト 「Jornal of the Musashi Sociological Society」 >
2000年度・2001,No.3 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11149/200

Title: <研究ノート>政治紛争と民主化
Other Titles: <Research Note> Political Conflicts and Democratization
Authors: 栗田, 宣義
KURITA, Nobuyoshi
Issue Date: 22-Mar-2001
Publisher: 武蔵社会学会
Abstract: 政治紛争が民主化にはたす効果研究は,政治社会学において,従来から重要課題とされながら,かならずしも,充分な検討がなされてこなかった。この点をふまえ,本研究ノートでは,国際比較アグリゲート・データセットとして定評のあるコロラド大学グループのPolityⅡとイェール大学グループのworld Handbook of PolitiCal and Social Indicators, third editionを用い,第二次大戟後の30年間における政治紛争の帰趨について,パス解析を行なった。その結果,「抗議活動の暴動誘発仮説」と「体制持続に係わる一貫性仮説」は,確認されたものの,抗議活動および暴動の民主化への効果は,時期によって揺らぎあることが分かり,この揺らぎの原因について,さらなる検討が必要であることが判明した。
URI: http://hdl.handle.net/11149/200
Appears in Collections:2000年度・2001,No.3

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0!