日本語
 


武蔵社会学論集 : ソシオロジスト 「Jornal of the Musashi Sociological Society」 >
1999年度・2000,No.2 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11149/191

Title: <研究ノート>ジャーナリズムの理念型
Other Titles: <Research Note> An Ideal-type of Journalism
Authors: 中, 正樹
栗田, 宣義
NAKA, Masaki
KURITA, Nobuyoshi
Issue Date: 22-Mar-2000
Publisher: 武蔵社会学会
Abstract: ジャーナリズムを理念型として定義すると,それは,当該言説の志向が報道と記録に向けられ,当該言説が自らの権威によって解説と論評を加え,そして当該言説が反権力をとなえることによって特徴づけられる,マス・メディアに依拠した活動となる。これに近似した具体的媒体は,世界中で観察されることだろう。しかし,すべての要件を厳密に満たした媒体はどこにも存在しないかもしれない。また,たとえ存在したとしても,それがわれわれにとって最善のコミュニケーション・ツールである訳でもない。歴史的に形成されてきたジャーナリズムを抽象化し,事後的に理念型として提示したのが本稿の定義だからだ。
URI: http://hdl.handle.net/11149/191
Appears in Collections:1999年度・2000,No.2

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0!