日本語
 


武蔵大学論集 「The Journal of Musashi University」 >
2016年度・第64巻 第1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11149/1815

Title: システミックリスクを回避するための,カウンターパーティ・リスク(CVA, DVA)を考慮したCDS 価格制御試論 : シミュレーションへむけて
Authors: 下川, 拓平
荒田, 映子
SHIMOKAWA, Takuhei
ARATA, Eiko
Keywords: CDS
カウンターパーティ・リスク
IFRS
ネットワーク・ドミノ効果
CVA
DVA
デフォルト確率
信用リスク度
Issue Date: 30-Aug-2016
Publisher: 武蔵大学経済学会
Abstract: CDS の評価において観測可能な市場現象をそのインプットとすべしとする認識論に依拠した,CDS のスプレッド(論文中においてはS)が,該当する時点における参照組織の生存率に(数学的な定式化をreview した上で)本質的に依存する事を見る.この参照組織の認識とスプレッド調整がカウンターパーティ自体にむいた時点で,実はこれがCDS におけるCVA である,という視座を提示した後(この部分は本格的に展開する事を次稿にゆだねる事になる)この生存率の,具体的な定式化を,累積デフォルト率を所与として導出する.また,将来的に実装する,仮想系の概要を明確にする.
Description: JEL Classification Codes:G12–G13
URI: http://hdl.handle.net/11149/1815
Appears in Collections:2016年度・第64巻 第1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
musashi_2016no64_01_002c.pdf1.37 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0!