日本語
 


武蔵社会学論集 : ソシオロジスト 「Jornal of the Musashi Sociological Society」 >
2014年度・2015,No.17 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11149/1749

Title: ロンドンオリンピック開催期間における日本のテレビニュース報道に関する内容分析
Other Titles: A Content Analysis of Japanese Television News Coverage during the London Olympics
Authors: 中, 正樹
日吉, 昭彦
小林, 直美
NAKA, Masaki
HIYOSHI, Akihiko
KOBAYASHI, Naomi
Issue Date: 22-Mar-2015
Publisher: 武蔵社会学会
Abstract: 本研究の目的は,2012年に開催されたロンドンオリンピックの開催期間における日本のテレビニュースの報道傾向を明らかにすることである。そのために,ロンドンオリンピック開催期間に日本のキー局の代表的なニュース番組が提供したすべてのニュースを対象として量的分析を実施した。そして,(1)各ニュース番組の報道傾向,(2)各ニュース番組の英国に対する報道傾向,(3)ニュース番組全体からみた英国報道の傾向,以上の3点に焦点を絞って考察した。考察の結果,以下のような知見を得た。(1)フジテレビ「NEWS Japan+ すぽると!」およびテレビ朝日「報道ステーション」が特徴のある報道をしていた。(2)各ニュース番組の報道傾向は,TBS「NEWS23X」を除いて北京オリンピック開催期間における報道傾向と類似していた。(3)オリンピック開催期間中,ニュース番組が提供する英国ニュースはそのほとんどがロンドンオリンピック関係のニュースで占められていた。(4)ロンドンオリンピック開催期間における英国報道のフレームは,主に競技結果に関するスポーツニュースを選択・強調しており,社会や政治のニュースを選択する方向では機能しなかった。本研究は,先行研究として実施された北京オリンピック開催期間における研究と比較検討を重ねることによって,より大きな成果が期待できる。今後の課題である。
URI: http://hdl.handle.net/11149/1749
Appears in Collections:2014年度・2015,No.17

Files in This Item:

File Description SizeFormat
soc_2015no17_006.pdf2.4 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0!