日本語
 


武蔵社会学論集 : ソシオロジスト 「Jornal of the Musashi Sociological Society」 >
2012年度・2013,No.15 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11149/1539

Title: ロウントリーの第二次ヨーク貧困調査と 「ベヴァリッジ・レポート」への貢献
Other Titles: The Second Poverty Research by B.S.Rowntree in the UK : The Contribution for Beveridge Report in 1942
Authors: 武田, 尚子
TAKEDA, Naoko
Keywords: 貧困
ベヴァリッジ・レポート
家族手当
社会保障
福祉
Issue Date: 22-Mar-2013
Publisher: 武蔵社会学会
Abstract: 本稿は,イギリスのB.S.ロウントリーが1836年に着手した第二次ヨーク貧困調査の特徴と意義について探る。B.S.ロウントリーは第一次ヨーク貧困調査(1899年)で,絶対的貧困(第1次貧困=貧困線以下の身体的・生理的維持が不可能な貧困)概念を提示したが,「絶対的貧困」の境界線を貧困線とすることに拘泥し続けたわけではない。第二次ヨーク貧困調査では,「余裕費」を組み込んだ「人間的必要基準」という概念を示し,「人間的必要基準」線を境界線にした。このアイデアはベヴァリッジに影響を与え,1942 年12 月に公表されたベヴァリッジ委員会による『社会保険とサービスに関する報告書』(ベヴァリッジ・レポート)の最低生活費の算定に反映された。「ベヴァリッジ・レポート」の理念は第二次大戦後,国家による社会保障制度の整備につながってゆくが,初期の成果として挙げられるのが家族手当である。B.S. ロウントリーは,第二次ヨーク貧困調査の知見に基づき,家族手当の実現に尽力した一人であった。
URI: http://hdl.handle.net/11149/1539
Appears in Collections:2012年度・2013,No.15

Files in This Item:

File Description SizeFormat
soc_2013n015_001.pdf931.42 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0!